アルバイト・パートから正社員に登用されるための4つのポイント

アルバイトやパートは、正社員と比べると歴然の差があることをご存知でしょうか?

正社員の場合、福利厚生を受けられるだけではありません。時給換算してもアルバイトより給料が高く、また、勤めた年数によってもそれが上昇していきます。さらに、ボーナスという概念も登場しますので、年間で見たときの給料の差はとても大きいです。

『正社員登用制度ありと記載のあるバイト求人に応募する』

アルバイトから正社員になるにはどうすればいいのか?
まず、最初の分岐点として挙げられるのが「社員登用あり」という条件で求人を出しているところで働けるかどうかです。

これだけで正社員になるための難易度が大きく変わってきますが、やはり、勤め先の企業が最初から正社員登用に対する前向きな姿勢を見せているところであれば、やることをきちんとやっているだけで、アルバイトから昇格することができるでしょう。

しかし、逆に、経営が傾いており雲行きが怪しいような会社は、そういった余裕を持つことができませんので、今現在、アルバイト・パートとして働いている職場が不穏な場合は、別のところで働かれた方が良いかと思います。希望のない場所で長く働くよりも、少しでも早く正社員への昇格が見込める職場へ移るべきです。

また、正社員登用ありと記載されているにも関わらず、実はいつまで経っても正社員にしてくれない企業も存在します。こういったところを職場に選ばないようにするため、面接の際に必ず「アルバイトから正社員になった人はどれくらいいますか?」という質問を必ずするように気を付けましょう。

『バイトだからと言って手を抜かず、日々、きちんと仕事をやり遂げる』

いくらアルバイトとは言え、これはあくまでも「労働」です。しっかりと働くことは当たり前なのですが、なかにはバイトだからと言って手を抜かれる方もいらっしゃいます。給料を貰っているにも関わらず、仕事をサボって別のことをしているような人は、正社員になるのは難しいでしょう。

私が企業側の人間であれば、間違いなく、日々の業務を欠かさずにきちんと取り組まれている方にこそ、会社の一員になって欲しいと考えます。

お客様に対する態度はもちろんのこと、仕事に対する向上心を持ち、確実に業務をこなすことのできる方を社員として迎え入れるのが当たり前。毎日コツコツ、地道な努力を継続することが大切です。

『社員や他のバイト仲間たちと良好な関係を築く』

職場でのコミュニケーションは、アルバイトやパートが正社員になる上で、最重要と言っても過言ではありません。
結局は「人となり」です。いくら仕事のデキる人間でも、ロクに挨拶もできなかったり、愛想が悪かったり、他人に対する態度に問題がある場合は、社員へと昇格することができませんし、そんな人といっしょに働きたいと思えるでしょうか?

職場で働く以上は、なるべくポジティブに明るく、周りの人間に接することを心がけましょう。もちろん無理にそうする必要はありません。今の仕事が自分に合っていなければ、他の職場を探した方が良いです。

1番大切なのは、楽しい職場で和気藹々と日々を送ること。

その方が、仕事で溜まるストレスも小さくできますし、あくまでも、あなたが正社員になれるかどうかは、その企業の社員が、あなたに対する印象や実務内容を見て判断することです。生き生きと自分らしく働かれている方は、自然と社員に一目置かれる存在となっているはず。正社員へと声の掛かる人の多くはここをクリアしています。

『自分の存在価値が高くなってきた頃合いを見計らい相談をする』

一般的に、アルバイトから正社員になるまでの期間は、おおよそ半年ぐらいではないかと考えられていますが、それまでに、会社にとってあなた自身が十分価値のある人間だと認識されていなければ、正社員になることができません。

自信のある人は、いっしょに働いている仲の良い社員の人に相談をしてみてはいかがでしょうか?

正社員への登用は、基本的にあちら側から声を掛けてくることが多いですが、こちらから何も動かなければ、何らかのきっかけでもない限り、いつまで経っても話が進みません。基本的に、正社員への扉は以下のようなタイミングで開かれるそうです。

声の掛かるタイミング その1「店舗を増やすとき」

例えば飲食店がエリア拡大を図る際には、経験豊富な信頼のできる人員を新店舗に配置しなければいけません。正社員から選ばれることはもちろんですが、アルバイトを多く雇っている職場であれば、そのタイミングで社員に昇格させて、より責任のある仕事を任されることがあります。今の店舗なのか、それとも新しい店舗なのかは分かりませんが、実務経験も人あたりも文句無しの方は、ここで社員になれるでしょう。

声の掛かるタイミング その2「アルバイトを辞めるとき」

「アルバイトとは言え、今まで着実に業務をこなしてきた。人間関係も良好。なのに、いつまで経っても正社員にしてもらえない・・・」という場合は、その理由がハッキリしています。

理由その1「きっかけがない」

会社は、何かきっかけがない限りは、無理にアルバイトを正社員へと登用することはありません。
だからこそ、もし、あなたがバイトを辞めるとなった時、社員たちに「あなたに仕事を辞められては困る!」という発想に至らせることができれば、必死になって「続けてくれないか」と引き止めてくるのです。今まで何も言ってこなかったくせにと思うかもしれませんが、こういう状況になってしまえばこっちのもの。ここで、正社員になることを打診しましょう。

理由その2「そんな余裕がない」

業績が悪化しており、とても社員を増やすことなんてできない状況の場合では、残念ながらアルバイトのまま働くことしかできません。おそらく、低賃金で、あまり職場の雰囲気も良くないでしょう。職場の仲間が一致団結しており、辛い時期を乗り越えていける自信があるのなら止めはしませんが、他のアルバイトを探した方が手っ取り早そうです。

声の掛かるタイミング その3「社員と親しくなったあと」

正社員と仲が良いことは、メリットしかありません。その正社員の人が上司と良好な関係であれば、思いのほか話がトントン拍子に進むこともあります。もし、アルバイトばかりの職場に正社員が少数という配属のされ方をした職場でしたら、大いにチャンスがあります。

数少ない正社員の人が毎日忙しくて仕方のない場合、上の人間に「信頼できて、頼りになる正社員の数をもう少し増やしてくれないか」と相談にいくパターンで、アルバイトの一部の人が正社員へと登用されるケースもあるみたいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いくらアルバイトと言えど、職場にとって重要な存在であれば、何かのタイミングで正社員になることが十分に可能なのです。

自分から打診しても良し、声が掛けられるのを待つのも良し。
大切なのは、やはり、しっかりと求人を選びいつ社員になってもおかしくないような人間になることです。

このポイントを抑えていれば、あなたがアルバイトを卒業して正社員へと登用される日もそう遠くはないでしょう。

関連記事

  1. 営業から事務に転職するには? 周りと差をつける具体的な方法

  2. ビズリーチの世にも珍しい年収2,000万円超え求人の真相とは…

  3. 社会人として守るべきルールと最低限のビジネスマナー

  4. やっぱり事務の求人って給料が安いんですか?どうして倍率が高い…

  5. 異業種への転職を成功させるための3つのコツ

  6. 私の実体験に基づく退職完了までの一連の流れと具体策の説明

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR