「転職貧乏」なんて絶対になりたくない人のための正しい転職方法

転職を重ねる度になぜか貧乏になっていってしまうことを転職貧乏と呼びますが、これは転職活動をする際に必ず気を付けなければいけません。せっかくの労力を無駄にしないために、本来、誰もがするべきはずの正しい転職方法を知っておく必要があります。今回は、未然に貧乏にならないためにするべき、いくつかの対策をまとめました。

「計画性が第一」 転職は感情的にするな!

「仕事が辛い・・・今すぐにでも辞めたい・・・」分かります。その気持ち。しかし、何の準備も無く、ただ逃げ出したいという気持ちだけで転職をするのは危険です!転職は、人生にとても大きな影響を与える大きなイベントですので、一時の感情に身を任せては、貧乏生活への扉を開けてしまうことに繋がる可能性が高いです。

まずは貯金を確認すること

会社を辞める前に、まずは冷静になって自分の貯蓄金額を見直してみましょう。「しばらくは安定した生活がおくれそうだ。」という人の場合は大丈夫ですが、貯金の額が心許ない人は、次の転職先が見つかるまで、もう少し我慢してください。現職が忙しすぎて転職先を見つける暇がない、という人は資金が貯まるまでしばらく待ちましょう。

事前に蓄えておくことの大切さ

本来は、労働をしながら毎月一定額の貯金を継続的に重ねていき、いざという時のために備えるのが社会人としての常識なのですが、中には、その月に稼いだ給料を、その月に使ってしまうという人もいるでしょう。それは典型的な貧乏になる人の特徴でもありますので、そういった人は、絶対に浪費癖を改善するべきです。

会社を辞める前に転職先を見つける

貯金の少ない人や、失業保険の受給資格がない人は、転職先を見つける前に会社を辞めたりしないでください。その先に待ち受けているのは大変な貧乏生活です。大体、今苦しくても1年間はその職場で勤務することにより、失業保険の受給資格を獲得でき、貯金もある程度は貯めることができるはず。転職活動中に貯金の額が少ないと、それがプレッシャーになって苦労しますよ。

転職先を安直に選ばないこと

ここが一番大切です。転職貧乏になる人は、いつも転職先を軽はずみに選んでしまい、あとで後悔するということが多いです。少なくとも、数百件以上の求人情報には目を通すべきでしょう。幅広い選択肢の中から、より厳選した求人をリスト化して、その中から1件1件当たっていくのが基本です。

転職活動は転職エージェントを使うべき!

転職エージェントは、一般公開されている求人情報をただ並べているだけの存在ではありません。固有の転職エージェントでのみ公開されている独占案件(非公開求人)という一般には出回らない求人情報も取り扱っています。

最近では、様々なエージェントで求人案件の取扱い数が増えてきており、例えばリクルートだと、会員登録することで約10万件以上もの求人を観覧することが可能となっております。

その他にも、マイナビエージェントやパソナキャリといった幅広い選択肢を用意できる転職エージェントが非常にたくさん存在していますので、こういった便利なサービスをフル活用して、厳選に厳選を重ねて、なるべく失敗のない転職をすることが、転職貧乏にならないための強力な予防策になるのです。

圧倒的な求人数

現代の転職エージェントの求人数は、トップクラスのサービスであれば10万件以上。1つクラスが下がっても数万件以上の求人を取り扱っているところが多く、それらの転職エージェントを複数活用することで、簡単に数十万件の求人を選択肢の幅として取り入れることができるようになっています。転職貧乏を防ぐためには、これぐらいのことはするべきでしょう。費用も一切かかりませんからね。

求職者に対するサービスが充実

転職エージェントは会員に求人情報を公開するだけでなく、求職者の要望に応えた求人案件をピックアップして紹介したり、履歴書の書き方に関するセミナーや指導、面接の具体的な対策や模擬面談などをおこなっていただくことも可能です。「なぜ無料でここまでしてもらえるのか?」と、疑問に思う人がいるでしょうが、答えは簡単。求職者を職に就かせて、しっかりと働いてもらうことができれば、人材紹介会社は企業から報酬を貰うことができるからです。それで経営が成り立っているんです。

なるべく妥協はしないように!

間違っても、転職先を「手間がかかるからここでいいか。」とテキトーに選ばないでください。そして、なるべく妥協もしないでください。前職よりも条件の悪いところに転職するなど論外です。

それでは転職をする意味もありませんし、転職貧乏に近付くだけですよ。貧乏にならないようにするためには、散々、ここまででお伝えしてきた通り、手間のかかる作業からは逃げないでください。

転職グセを付けるな!すぐに会社を辞めるな!

せっかく苦労して転職したのに、ちょっと気に入らない点があるので、その会社をすぐに辞めてしまう。このような行動を繰り返した末に、アラフォーにもなって貧乏な生活をおくらざるを得ない人たちが「貧乏だー!」と嘆くのです。そもそも、すぐに会社を辞めるという行為は転職活動をおこなう上で不利になる要員の1つですし、そんな中途半端で不安定な人間を、企業が雇いたいと思うでしょうか?・・・思いませんよね。

そもそも、転職は人生のうちでたくさんすることではありませんし、多くても2、3回までに抑えておくべきでしょう。当サイトでは、多くの方の転職体験談を掲載しておりますが、転職を成功させた方の多くは、1回~2回までの転職で理想の職場を掴み取っている傾向があります。これを目安として捉えて今後に活かしてください。

「思っていたのと違う・・・」

転職後、もしかすると、このようなことがあるかもしれません。いくら厳選した転職先とは言え、実際には労働時間がとても長く、残業ばかりでストレスの溜まる職場だったと発覚することもあるでしょう。しかし、そんな場合でも、簡単には会社を辞めるべきではありません。その会社で着実にキャリアを積み、1年間は耐えてください。いずれ職場を変えたいのであっても、あまりにも短い期間内での転職は、次の転職活動の際に不利になります。

関連記事

  1. 「給料が安い!」と感じたときに取るべき3つの行動と劇的な体験…

  2. キャリアがもたらす恩恵と積み上げていくことの大切さ

  3. やっぱり事務の求人って給料が安いんですか?どうして倍率が高い…

  4. 「仕事を辞めたい」と感じたときにあなたを助ける5つのステップ…

  5. 面接で“採用される人”と“採用されない人”の大きな違い5選と…

  6. ハローワークの求人がブラック企業だらけなのは本当なのか?

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR