面接で“採用される人”と“採用されない人”の大きな違い5選とアドバイス

面接は、筆記試験と異なり就活で避けては通れない道です。採用される人と採用されない人の間には大きな壁があり、それを把握しておかなければ不利になってしまいます。今回は、面接の際に知っておくべき注意点を5つまとめて紹介。少しでも不安な点がある人は要確認。

第一印象が良くないのは、まず論外です。

企業の面接は、新卒にせよ中途採用にせよ、ここ一番の大勝負の舞台の場。そんな場所で面接官に対して不快な思いをさせるような身だしなみをするなんて言語道断です。歩き方1つ見てもその人の性格がよく表れますが、最低限、ビジネスの場にいてもおかしくないような恰好をするべきです。

「なんか陰気臭そうだな。」「こいつ髪、邪魔じゃないのか?」「表情に違和感を感じる。」「なぜスーツがヨレているんだ。」

まずは、これらの指摘が面接官の頭をよぎることのないように気を付けましょう。とにかく良い印象を与えることが大切です。これは、採用されやすい人は当たり前のように通過する点ですね。

会話をしていても不快に感じない。

面接で採用される人は、面接官と話をしていても相手を全く不快にさせず、応募者からすれば、明らかに話がトントン拍子で進んでいるような感覚を味わえます。私も過去に何度も面接を受けたことがありますが、やはり採用された企業の面接は、面接官との相性が良かったのか、会話の中で何度もお互いに笑うことができました。

なるべく多くの企業の面接に採用されるためには、できるだけ自分自身が相手を不快にさせることのないように、事前にいくつかの注意点を知っておくべきでしょう。以下に、その例をまとめておきました。

・必ずハキハキと喋る。どもっていたり、聞き取りにくいような声で喋らない。
・テンプレの受け答えの内容は、面接官がハッキリと理解できるものを事前にしっかり考えてくる。
・幼稚だなと思われるような言動をしない。変に細かすぎる必要はないが、ある程度、正しい敬語を使う。
・愚痴を言わない。ポジティブ思考で常に喋り続けること。ネガティブ発言は誰も得をしない。
・政治に関する話題等が出た場合は、無難な回答のみで抑えること。自分の思想を押し付けてはならない。

これまでに何をしてきたのか?それをどう活かしたいのか?

就活生の場合

面接官が採用基準の1つとして大きな軸を置いているこの部分ですが、新卒であれば、学生生活で経験してきた出来事を、企業でもどのように活かしていきたいのか、ということを語ります。これは、賢い人間であれば、場数をこなすほど内容の精度を上げていくことができるでしょう。なぜなら、何社も受けていくうちに、必ず、他の応募者の自己アピールに感銘を受ける時がやってくるからです。

就活生の数は非常に多く、ところ構わず応募する人は大量におり、その中であなたも多くの就活生に混じって、同じように行動をしているはず。そんな中で、誰もが一生懸命になって用意してくる自己アピールという部分は、必ず、あなたよりも優秀な内容を考えてくる人が出てきます。

綺麗事は言いません。あえて言わせてもらいますが、同じ就活生の自己アピールに感銘を受けた場合は、絶対にそれを覚えておいてください。

そして、それを参考にしましょう。そこはパクってもいいです(笑)もちろん、面接官の反応が良くないと意味がありませんから、そこは考慮して選別してください。良いと思った自己アピールをあなたのものにすることで、今この面接で採用されなくても、次回から少し有利に進めることができます。

就活課や、面接官のコラムなどで、よく「嘘はいけない」と言われるでしょう。しかし、実際のところ、「学生時代に何をしてきたか?」なんてことはいちいち調べられませんし、ハッキリと分かるようなことでなければ、嘘をついてもバレません。もちろん、学歴詐称や、留学経験などを偽ってはいけませんよ。そういう部分だと、発覚した場合に内定が取り消されますので。

中途採用者の場合

こちらは、企業側が本当に知りたいことを教えてあげるのが基本です。採用されやすくするための内容はハッキリ決まっています。前職で培ったスキル・経験に関するアピールをし、続いて、この企業でどのように役立てることができるのかを話すだけです。中途採用者の自己アピールの内容を考えるのは、新卒の時に比べれば大して難しいことではありません。

人によって、最初から話す内容が決まっていますので、インターネット上で同じような職歴を持った人の体験談を参考にすれば、簡単に準備することができるでしょう。自分ですべて考えたいという人も、他人の意見を参考にした方が、より優秀な回答ができるようになるはずです。

採用することによるメリットがないと落とされます。

当たり前ですが、あなたを採用する明確な理由がなければ、企業側はわざわざ雇ってなんかくれません。面接官に自分の価値を見出してもらうことが重要です。例えば、最低限の資格すら取得していないような人。これは論外ですね。

また、将来性に期待できないと思われたり、うちの会社では役に立たなさそうだと感じ取られないようにするために、しっかりと応募前にその企業について調べておいてください。

中途採用を目的とした人の場合は、例え、異業種の転職であっても、何か過去の経験を活かせる共通点があるはずです。全く思いつかないのであれば、最初から応募する必要はありませんし、未経験歓迎の求人に手を出す場合でも、何かしらのアピールポイントは用意しておくべきでしょう。

不審だと思われる点がある人は要注意

就活生だと、留年した経験のある人は、それを負い目に感じてしまうことでしょう。しかし、ランクの高い大学を目指していたのであれば、一浪、二浪までは特に問題ありません。それを超える留年は悪印象を与えますが、三浪未満ならあまり気にしないでください。変に意識せず、正当な理由を述べましょう。

中途採用の場合は、例えば空白の期間があったり、異常に職を転々としていたりすると、必ず突っ込まれます。「この人は、うちに来てもすぐに辞めるだろうな。」と思われてしまったらそれまで。そこで不採用が決定してしまいますので、前者の場合は、「前職があまりにも忙しすぎて転職先を探す暇がありませんでした・・・」などといった口実を用意しておきましょう。

後者の場合は、私でも、どう対応すべきか分かりません。なので、最初からいくつもの職を転々とすることのないように、転職先は、きちんと選ぶようにしてください。そしてすぐ辞めてしまわないようにしましょう。

最終的に転職を成功させた人の多くは、2度、3度の転職で理想の環境を手に入れています。これは、当サイトで掲載されている数多くの転職成功体験談を参考にしていますが、5回、6回などという異常な転職回数を持った人が転職を成功させてきたという話は、今のところありません。ただし、バイトは除きます。

面接はコミュニケーション能力が試される機会

採用されやすい人は、受け答えが適切です。発言内容が理に適っており、面接官にプラスの印象を与えます。逆に、採用されにくい人は、これまでに述べてきたような点をクリアできず、マイナスの印象を与えてしまう人が多いです。

結局は、面接なんて人間同士のコミュニケーションに過ぎませんので、これまでに数多くの人間と接してきた人の方が明らかに有利だと言えますね。どんな人とでも仲良くなれる人。本当の意味で気に入られる機会の多い人。コミュニケーション能力に長けた人は、大人になってからも何度もチャンスを手にすることができます。

一方で、あまり社会的でない人は、これからも何かと苦労することになるでしょう。しかし、それはもう仕方のない事ですので、めげずに、前向きに経験を重ねていくしかありません。しっかりと事前に考察をして、面接に対する自信を付けてから挑戦してみてください。それに、何十社も受け続けていれば、徐々に慣れていきますので。

関連記事

  1. なぜか親が教えてくれない“学歴”がもたらす最大のメリット

  2. 異業種への転職を成功させるための3つのコツ

  3. 営業から事務に転職するには? 周りと差をつける具体的な方法

  4. 「給料が安い!」と感じたときに取るべき3つの行動と劇的な体験…

  5. 「仕事を辞めたい」と感じたときにあなたを助ける5つのステップ…

  6. やっぱり事務の求人って給料が安いんですか?どうして倍率が高い…

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR