未経験の職種への転職を成功させるためのポイントとは?

tonai_siraisi_20150528

前職とは異なる業種への転職を実現させた白石(仮)さんのお写真

東京都に在住の白石(仮)です。
35歳のときにIT企業から出版社関連の営業の仕事へ転職しました。

IT業では、コンピューターのソフトウェア関係の仕事で、最後に行った部署は、サポートセンターで電話受付によるソフトウェアの使用の方法をお客様に教える、という内容の仕事でした。

ソフトウェアの使い方の説明から、トラブル解決やクレーム対応までと幅広くやっていたサポートセンターでした。そういうコールセンターの仕事から、営業という異なった種類の職業への転職をしました。しかも、それまでの経験で、営業の仕事の経験はありませんでした。

毎日の生活の中で決定を迫られることは多々ありますが、仕事に関する決定の場合、生活に大きく影響を与えるのでかなり悩みました。生活が懸かっている上に、家族がいれば家族にも影響がでてきます。それでも転職しようと思うのは、転職した方が今より状況が改善されることを願っているから。

それで、迷いもかなりありました。
そんな状況で転職しようというのは一大決心ですから、必ず成功させたいものです。

転職の前に参考にした情報 就職コンサルタントのコメント


転職を決意したら、転職をいかに成功させるための方法をつかんでおく必要があると思いました。それで、転職アドバイザーや就職コンサルタントの方が出版している書籍を調べたり、インターネットで情報を得たりして準備しました。

そういった転職アドバイザーたちのコメントで役に立ちそうなものをノートにまとめてみると、転職を成功するための心構えや、意識してやってみるといいことの全体像が見えてきた気がしました。例えば、ある就職コンサルタントの言葉で、「仕事は,上手に探す人の所へ回る場合が多い」というものです。職探しでも転職でもうまくやるコツがどうしてもあるようです。

未経験者という不利な状況をプラスに変えるコツ


未経験者でも応募対象であれば、当然その仕事に応募することができ、転職の対象となる企業と言えます。しかし、応募者は自分だけではないので、未経験者も可となっていても、そこに経験者が応募してくれば断然不利になります。応募者に経験者が多ければ多いほど、競争相手が増えることになります。

それで、未経験者でも雇いたいと面接官に思わせるよう自分をアピールしなければなりません。そういう不利な状況を打破するテクニックやアイデアを見つけるのにいい方法は、元面接官だった人の経験談の情報です。元面接官は語る・・・など、面接官はどういう所をみているのかをあらかじめ知っておくのは有利です。わたしも転職の前にはそういう情報を沢山調べておきました。それも、転職を成功させるのに役立ちました。

例えば、面接中に言うべきことやすべきことについて,専門家が勧めている内容がありました。抜粋すると、「担当者の目を見てきちんと話せる人。質問には,簡潔に,正直に答えること。

もし、疑問点がある場合や、何か質問があればどうぞ、と聞かれた場合は、会社や,仕事に関連した事柄を尋ねること。」などの点です。これは、面接での常識なのでしょうが、いざ面接に行くと結構緊張してできないものです。

だからこそ、緊張の中でも意識して行うべき点を明確にしておくのは良かったと思っています。

ここで、「質問には,簡潔に,正直に答えること」とありますが、これも大切なことだと思います。いざ面接官を前にすると、どうしても話を大きくしたり盛りたくなるものです。というのも、今回応募した職種には未経験だと自分は不利だという思いがあるので、それを補うアピールをしたいと思うからです。そうであっても、正直に話すほうが長い目で見るとためになりました。

正直に話すものの、未経験という不利な状況を補うアピールの仕方はないものかと調べてみると、別の専門家の言葉も役に立ちました。それは、「仕事での経験はないものの、趣味やボランティア、生活の中でやっていることが仕事に役立つ経験はないかを探してみるように。」という提案でした。

例えば、例に挙げられていたのは、機械工場で働くのに未経験であっても、友達の自転車のパンクを直してあげることがある、車の修理を見ていて手伝ったこともある、など、ちょっとした生活の中の経験が、次の仕事に生かされる経験となる場合もあります。そういうことを、面接時に含めたり、履歴書の資格や特技の部分に書いておいたりすることも勧められていました。そうすれば、面接官の印象に残るので、大勢の応募者の中から差別化される候補として上げられます。

わたしの場合は、営業だったので営業経験はありませんが、ボランティアで家庭訪問というものをしたことがありました。それで、見知らぬところへ初めて出向いて行って、そこで新しい知り合いの人と会話することは経験があるので、それを生かすことができると思う、ということをアピールポイントにしました。

ボランティアだったのでそれに参加たからといってお給料がもらえるわけではないので、仕事としての職歴には入れられませんが、立派な経験と言えます。

それに加えて、「応募する職種に未経験の場合は、学ぶ意欲や誠意を見せるように。」という就職コンサルタントのアドバイスも役に立ちました。未経験者であっても、誠実に学んでくれれば、この人はきっと会社にとっていい人材になる!と確信してもらえれば、未経験者という不利な状況の第一関門突破と言えます。

わたしの経験談から、転職の時に役立てそうなアイデアを見付けていただけたら幸いです。

未経験の職種へ転職を考えている人へのアドバイス


・経験が無いことは正直に話す。

嘘をついたり、大げさに話を膨らませても、たいていは見抜かれ、逆にマイナスになる。
アピールのために、今までの生活の中でやったことがあることが、
これからの仕事に役立つ点はないか探しておきましょう。

正直に未経験であることを話しても、
学ぶ意欲や誠意を見せれば未経験の職種でも転職は成功することがあります。

関連記事

top_agent2

大手の転職エージェントを使って転職活動を有利に進めませんか?


転職エージェントの中でも、数千~数万と圧倒的な求人数を誇る人材紹介会社を3つの転職理由に分けて掲載しています。

自分にあったピッタリの求人を見つける1つの方法として、転職を検討されている方へオススメします。

最近の記事

  1. tonai_siraisi_20150528
    前職とは異なる業種への転職を実現させた白石(仮)さんのお写真 東京都に在住の白石(仮)です。 …
  2. tokyo_hasimoto_20150530_3
    もともとトップスタイリストとして美容院で働かれていた橋本(仮)さんのお写真 本記事をご覧の皆様…
  3. kanagawa_touyama_20150521
    システムエンジニアから2度の転職を通じて様々な経験を重ね、現在は企画職に就かれている遠山(仮)さんの…
  4. kanagawa_huziguti_20150412
    働きながら長期的に転職活動を続け、念願の職場へと勤めることができた藤口(仮名)さんのお写真 転…
  5. kanagawa_miyamoto_20150410
    複数の異なる経験を上手に活用することで見事に転職を成功させたミヤモトさんのお写真 神奈川県在住…

過去の記事

  1. tonai_siraisi_20150528
    前職とは異なる業種への転職を実現させた白石(仮)さんのお写真 東京都に在住の白石(仮)です。 …
  2. tokyo_hasimoto_20150530_3
    もともとトップスタイリストとして美容院で働かれていた橋本(仮)さんのお写真 本記事をご覧の皆様…
  3. kanagawa_touyama_20150521
    システムエンジニアから2度の転職を通じて様々な経験を重ね、現在は企画職に就かれている遠山(仮)さんの…
  4. toukyo_yamanaka_20150408
    やりがいを実感することのできる理想の転職に成功されたヤマナカ(仮名)さんのお写真 東京都在住ア…
  5. kanagawa_huziguti_20150412
    働きながら長期的に転職活動を続け、念願の職場へと勤めることができた藤口(仮名)さんのお写真 転…

おすすめ記事

  1. tokyo_hasimoto_20150530_3
    もともとトップスタイリストとして美容院で働かれていた橋本(仮)さんのお写真 本記事をご覧の皆様…
  2. kanagawa_touyama_20150521
    システムエンジニアから2度の転職を通じて様々な経験を重ね、現在は企画職に就かれている遠山(仮)さんの…
  3. yanagi_kana_20150401_1
    計画的な行動により外資系への転職を成功させた柳沢(仮名)さんのお写真。 少々普通の方とは異なる…

PR

ページ上部へ戻る