アラサーたちが転職で年収を飛躍的に伸ばした具体的な体験談

アラサーこそが最も転職に適した年齢

当サイトでは、転職を成功させた方たちの体験談を大量に掲載しておりますが、やはり一番、脂の乗っているこのアラサーという年齢層の成功実績が一番多いです。それもそのはず、特に20代後半の時期は、社会人としても立派になり多くの経験を通じて一人前になってくる頃合い。

中途採用となれば、企業は、このタイミングで自社に利益をもたらす人材を漁るのが定石です。
新卒と違い、前職で培ってきたスキルや経験を我が社の役に立ててはくれないかと、求められやすい時期なのです。

このページをご覧になられているという事は、あなたは恐らくアラサーだと思いますが、転職市場で価値のある今のうちにしっかりと努力をしておくと、生涯に渡って得られる賃金の量が大幅に変わりますよ。

実際に年収を100万円以上UPさせた体験談をまとめて紹介

それでは、実際に、当サイトで紹介している「飛躍的に年収を上げた転職者の体験談」をご覧ください。

高卒美容師がITエンジニアになり猛勉強 年収350万円UP!!

高校を卒業し、美容師としての人生を歩んでいた橋本さん。月100人以上の指名を獲得するも大した給料が得られず、兄弟の影響でITエンジニアへと思い切った転職をしたのが功を奏し、30歳という分岐点で年収が跳ね上がりました。

年収300万の現状に危機を感じ税理士を諦め経理職へ 年収360万円UP!!

税理士に憧れて20代という時期の多くを低賃金のスタッフとして費やしてしまった中島さん。現実を考えた彼は、ついに夢を諦め一般企業へと転職をするのですが、それが大成功。成功できて本当に良かったですね。また、当サイトでは、個人情報を保護するために顏がハッキリと分からないよう隠してもらっています。クマのアイコンはお気になさらず。

同じ業種でも、まともな会社へ転職しただけ。 年収100万円!!UP

明らかにおかしかった会社を辞めて、将来性のある一般企業へと転職を実現させた結果、それだけで年収が100万円も増えたカンザキさんのお話。同じ経理職でも会社が違えば給料も格段に変わるという良い例。

なぜ飛躍的に伸ばすことができたのか?

彼らは皆、低賃金という環境の中でもしっかり仕事と向き合い、厳しい現実と戦ってきた社会人ばかりです。

美容師として生きてきた橋本さんは、全く未経験の職種へと飛び込み、周囲の人間に引け目を感じる中、ひたすら前へと歩み続けることでエンジニアとして誰もに認められるような存在となりました。

税理士のスタッフとして下積みを重ねていた中島さんは、勇気の決断を下し、長年、夢見てきた税理士という職業を捨てて、現実と向き合うことを選択しました。

学習塾の経理を担当していたカンザキさんは、労働暑にガサ入れされたら確実にアウトになるであろう会社を捨てて、環境がしっかりと整った企業へ転職をしただけです。

これらのことから分かる通り、きちんと現実を見て前向きに努力すれば、いま低賃金の職場で働かれている方であっても、年収をアップさせることは十分に可能なのです。これこそが、年収を飛躍的に向上させることのできた成功者たちの共通点。

精神論になってしまいますが、厳しい現状をしっかりと受け止め、それを改善させるために強く意志を持つことが何より重要だと言えるでしょう。もちろん、カンザキさんのように会社を変えるだけで収入が上がる人も大勢いるでしょうが、いずれにせよ、アラサーという「転職市場で最も価値のある時期」に行動しなくてどうするんだ!!ということが私の1番伝えたいことです。

アラサーが、今からそれを目指すには

ここからは、より確実に、より合理的に、
アラサーが年収UPを実現させるための「私の考える最適な方法」を紹介したいと思います。

① 視野を大きく、選択肢を広く持つこと。

転職では、よりたくさんの求人案件を見比べ、自身の納得のいく企業を見つけることが大切ですので、まず手始めに転職エージェントをいくつか利用しましょう。例えば、リクルートであれば10万件以上の求人情報を選択肢に入れることが可能となっており、その他にもマイナビパソナキャリアなどを利用することで、通常であれば考えられないほどに視野を広げることができます。

いずれも大手の転職エージェントなので、どの求人案件の質もある程度は保証されています。現在よりも年収を上げたい場合は、アラサーのうちに必ず利用してください。そして、大量の求人情報の中から、転職先に求める自身の条件を参考にして、的を絞っていきましょう。

② 要望をハッキリ伝え、上を目指すこと。

転職エージェントでは、自分の担当者に直接、求人を提案していただくことも可能ですが、
その場合には、あなたが求める条件を必ずハッキリと提示してください。

「現在の年収がこれなので、これぐらいの額は欲しい。」
もちろん、金額だけでなく、労働環境も妥協せずに最低ラインを決めておきましょう。
また、職種に希望がある場合もいっしょに伝えておくべきです。

③ 意志を貫き、諦めないこと。

もし仮に、大手の転職エージェントを使ったとしても、すぐには転職先が見つからないこともあります。そんな場合でも諦めず、転職に取り組んでください。年収を大きく上げることのできた方たちは、皆、前へ進み続けています。

先ほども述べた通り、アラサーは転職市場で最も価値の高い時期です。
これまでに歩んできた人生を無駄にしないためにも、自身がアラサーである内に将来を考えて決断を下すということが非常に重要となってきます。ひとの人生は30歳が大きな分岐点とも言えるでしょう。

お年寄りになって会社を退職した後、あなたの手元には一体いくらの貯金が残っているのか、想像してみてください。
・・・行動するなら、アラサーの今しかありません。

関連記事

  1. 日雇いのアルバイトや派遣は絶対に若いうちに卒業しておくべき!…

  2. 異業種への転職を成功させるための3つのコツ

  3. 当サイトについて

  4. 自分に向いている職業が簡単に分かる無料の診断サイト集

  5. なぜか親が教えてくれない“学歴”がもたらす最大のメリット

  6. 私の実体験に基づく退職完了までの一連の流れと具体策の説明

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR