ビズリーチの世にも珍しい年収2,000万円超え求人の真相とは?




偶然見かけた謎の広告

先日、このサイトの管理人である私は、他者の執筆した自サイトの記事を観覧している最中、このような広告を見かけた。

これは紛れもなく当サイトにある1つの記事なのだが、真ん中にはでかでかとビズリーチによる広告が掲載されている。
広告があること自体は特におかしくないのだが、果たしてこの年収2,000万円の求人とは一体何なのだろうか?

しかも、どうやらこれは「世に出ることの少ない求人」らしい。
何か特別な仕事なのか、それとも怪しい仕事? あるいはただの誇大広告か。


現代の平均年収はいくら?

ところで、あなたは現代社会における、労働者ひとりあたりの平均給与額をご存知だろうか?
不景気な世の中ということもあり、私は年収400万程度が平均的ではないかと考えているが、実際のところはこうだ。

平成28年分民間給与実態統計調査結果について 平成29年9月 国税庁企画課

ハ 平均給与
1年を通じて勤務した給与所得者の年間の平均給与は422万円であり、前年に比べて0.3%増加した。これを男女別にみると、男性521万円、女性280万円で、前年に比べて、男性は0.1%の増加、女性は1.3%の増加となった。
また、正規・非正規についてみると、正規487万円、非正規172万円で、前年に比べ、正規は0.4%の増加、非正規は0.9%の増加となった(第5表)。

引用元:https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2017/minkan/index.htm

国税庁の調査によれば、日本人の平均給与額は年間422万円となっており、前年に比べて少しだけ上昇しているらしい。
これを踏まえて考えるとしても、年収2,000万という金額がいかに異常なのかということがハッキリと分かる。

なぜ1年で2,000万円の給料が出せるのか?

仮説1 選ばれた人間にのみ与えられる職業説

世の中には非常に多くの仕事が存在するが、年収2,000万円というと真っ先に思い浮かぶのが、飛行機の操縦士である。
私の思い違いであれば申し訳ないのだが、特に専門的な知識や技術を要求される操縦士、パイロットは基本的に選ばれた人間しかなることができない。視力が良く、空間認識能力に長けており、勤勉であること。これをクリアできる人間は意外と少ない。

仮説2 不安定な成果報酬型の求人説

次に考えられる可能性が、年収2,000万というのは、海外の仕事などで聞いたことのある、成果報酬型の体制を築いている企業の成果報酬と基本給を含めた合計給与額だということだ。具体的には全く分からないが、本来であれば年500万の給与なのだが、仕事の成果に応じて「最大で1,500万円ほどの特別ボーナスを支給できる」ということかもしれない。これはありえないか?(笑)

仮説3 本当は「怪しい仕事」説

単純に考えて、たった1年間という短い期間で2,000万円という大金を手に入れられるのはおかしい。本当は何か怪しげなことをする不穏な仕事なのではないか!?という説も考えられなくもない。と言いたいところだが、果たしてビズリーチという規模の大きな企業がそんな大それたことをするだろうか。さすがにこれは的外れな仮説だろう。

広告を出稿しているビズリーチを調査した結果、納得の答えが

さて、それでは答え合わせといこう。

今回、私は例によってグーグルの検索エンジンから「ビズリーチ」と検索して実際に公式サイトへ訪れてみたのだが、掲載されている求人一覧を漁っていくと、たしかに年収2,000万以上を提示している案件が存在していることを確認した。

さっそく、それらの求人案件の詳細ページをよく読んでみたのだが、十分に理解したあと、
「なるほどな・・・」と思わず口にしてしまった。てっきり操縦士ではないかと思っていたのだが、実際には違ったのだ。
「何か特別な資格が必要な専門職?」「異常なボーナスありの波の激しい仕事?」「実は法に触れるようなアウトな案件?」

様々な憶測ができるだろうが、
その答えは・・・



関連記事

  1. アルバイト・パートから正社員に登用されるための4つのポイント…

  2. コンビニのバイトでしなければいけない10種類の面倒な作業内容…

  3. 派遣社員から正社員になるための近道は転職の仕方にあり?

  4. 面接で“採用される人”と“採用されない人”の大きな違い5選と…

  5. アラサーたちが転職で年収を飛躍的に伸ばした具体的な体験談

  6. なぜか親が教えてくれない“学歴”がもたらす最大のメリット

特集記事

その他の記事

最近の記事