ITエンジニアを目指す前に知っておきたい大切な4つのポイント

ITエンジニアには、SE(システムエンジニア)やプログラマーなど複数の種類が存在しますが、どの職種も基本的な技術者としての知識(プログラムを組む技術など)は必要不可欠です。今回は、ITエンジニアを目指す方に向けた4つのポイントを紹介していきます。

ITエンジニアになるためにはどうすれば?

ITエンジニアになるためには、いくつかの方法を通じてIT技術を培った上で、IT関連の企業に就職するのが一般的です。まずは、王道のパターンを4つ紹介します。

パターンA 専門学校で学ぶ

エンジニアというのは、日本語で言えば「技術者」という意味を持っています。やはりITエンジニアを目指したいのであれば、その道の専門学校で学ぶのが一番でしょう。中学生・高校生のうちからITエンジニアに興味があるのであれば、進路相談の時に打ち明けてみましょう。また、早いうちから知識を蓄えておくことで、就職の時に有利になります。

パターンB 大学で学ぶ

この方法では、大学を卒業したという学歴も同時に手に入れることもできます。残念ながら専門学校を卒業したあとに就職すると、最終学歴が高卒ということになり、大卒と比べて給料が低くなってしまいがちです。せっかく労働をして給料をいただくのですから、少しで多く貰いたいという場合は、エンジニアを目指せるような大学で、もっと本格的に勉強をしてみてはいかがでしょうか?

パターンC プログラミングスクールで学ぶ

現代では、非常に豊富な数のプログラミングスクールというものが存在します。資格取得数に自信のあるスクールや、企業研修実績に自信のあるスクールなど、一番興味のそそるところを選び、ITエンジニアの卵として勉強を積み重ねましょう。

パターンD 職業訓練学校で学ぶ

職業訓練学校では、失業後、労働意欲のある人間に対して、国が運営するハローワークのサービスの1つである公的職業訓練を無料で受けることができます。失業保険の受給期間が延長されたりするのでオススメできそうですが、実は、このサービスのおかげでITエンジニアになれた人はかなり少ないという実態も。

独学で学ぶことは可能?

もともと専門学校などでプログラムの基礎を学んだ経験のある人なら、参考書などを買い勉強することで、他の言語を用いたプログラムも組めるようになるでしょうが、基礎知識がない全くの素人であれば、あまりにも無謀すぎます。オススメできませんので、潔く別の選択肢を取るべきです。

果たして自分はITエンジニアに向いているのか?

特別な技術職でもあるこの手の職業には、もちろん適性があります。興味は持っているものの、自分にITエンジニアになる素質があるのかどうか分からないという場合は、以下を参考にしてみてください。

① プログラムを知りたいと思ったことがある

まず、「パソコンを通じて製作されたソフトウェアやアプリなどの開発に興味がある。」「具体的に、何がどのようにして構成されているのか知りたい。」「一体どんな仕組みで動いているのか疑問。」などということを考えたことのある方は、ITエンジニアとしての資質があるかもしれません。

② 物事の構成を考えることが好き

「多くの小さな要素を、何か1つの目的のために組み立てた経験がある。それが好きで楽しかった。」など、設計から完成、そして実用まで。この一連の流れにやりがいや快感を覚えたことはありませんか?システムエンジニアやプログラマーがまさにこれ。プログラムを設計するシステムエンジニアに、そのプログラムを実際に作るのがプログラマー。いずれも、何らかの構成を考えることが好きな人に向いている職業です。

③ 効率を考えるのが好き

最善の方法を常に模索し、効率を追い求めるのが好きな人はプログラマーに向いています。注文された内容に対して、どの言語を用いて、どのようにして素晴らしいプログラムを創り上げるのか。深い知識を蓄えることで、シビアな思想を思う存分に活かすことができるでしょう。

実際に試してみてはどうか?

世の中には、無料で簡単にプログラミングの基礎を学ぶことができる方法がたくさんあります。今回は、私が個人的におすすめする方法を1つ紹介します。これを試せば、本当にあなたにITエンジニアが向いているかどうか、分かるかもしれません。

・無料ゲーム制作ソフト「WOLF RPGエディター
このソフトでは、RPGタイプのゲーム(それ以外も自由に作成可能)を、何のプログラミング知識の無い人でも簡単に作成することができます。私もこのソフトで実際にゲームをいくつも製作したことがありますが、日本語で書かれた処理内容を上から順に並べていくことで、素人の私でも無事にプログラミングの基本的な考え方を学ぶことができました。

この無料ゲーム制作ソフトですが、実は、ゲームを作るぞ!と意気込んで手を出してみたは良いものの、途中で挫折した人たちがたくさんいます(笑) ITエンジニアになりたいのであれば、このソフトで何か自由にゲームを最後まで創り上げてみてください。それができないという人は、恐らくITエンジニアには向いていないでしょう。

地道にコツコツと継続的な努力を積み重ね、疑問点の調査や問題点の解決など、1つずつ取り組んでいき、最後にそれをまとめるという一連の作業ができない人は、まず、プログラマーに向いていません。なぜなら、それがプログラマーの仕事だからです。

こんな人はITエンジニアに向いていません。

ITエンジニアは、誰でもなっていいという職業ではありません。選ばれた人間がのみが職に選ぶべき存在だと思います。そこで、次に、ITエンジニアになる資格のない人のタイプを紹介していきたいと思います。

① 給料しか見ていない人

「IT業界は人手不足で自分でも雇ってもらえるかもしれない・・・!」という甘ちゃんな思想を持っている人は、間違ってもITエンジニアを目指そうだなんて思わない方が良いでしょう。そんな人を雇っても企業が損をするだけですし、決して長続きなんてしませんよ。エンジニアは誰にでもなれる職業ではありません。

② 向上心のない人 やる気の足りない人

何事においてもそうですが、特に、ITエンジニアで成果を上げるためには、向上心や底力が必要とされます。地道にコツコツと下積みを積み重ねることにどこまで耐えられるのか?毎日パソコンの前で文字列とにらめっこすることは、結構、肩が凝ります。しかも納期に追われながら問題の解決や顧客の要望に応えなければいけませんので、中途半端な人間はすぐに離職してしまうでしょう。

③ 小難しいことが嫌いな人

大雑把でテキトーなことばかりしてきた人は、ITエンジニアに不向きです。プログラミング1つとっても、ひたすら細かく小難しいことの積み重ねで、極端に言って頭の悪い人には一番向いていない仕事とも言えます。そもそも、プログラムというものは、非常に細かい要素が複雑に絡む合うことで、ある一定の成果を出すことのできる存在ですので、「なんとかなるだろ~」とよく口にしてきたようなタイプの人間には無理です。

実際に未経験からITエンジニアになれた人の体験談

当サイトでは、転職により人生を変えることのできた人たちの体験談を多く掲載しているのですが、その中から、未経験にも関わらずITエンジニアへと転職することのできたケースをいくつか紹介したいと思います。何か参考になる点があるかもしれません。

美容師がITエンジニアを目指し猛勉強の末に高年収を掴み取った話

美容師とエンジニアには何の接点もありませんが、熱意1つでここまで勝ち上がった人はなかなかいないでしょう。未経験で、いきなりIT業界へ転職され大変な思いをしてきたそうですが、一から現場で経験を積み重ね、逆境を乗り換えて、誰もに認められるようなITエンジニアへなることができました。

東京に憧れる青年がブラック企業の餌食になるも最終的にIT企業の技術者へ

柳沢(仮)さんがIT企業へと転職することができたのは、ハローワークの職業訓練による実績と、零細企業で計画的に培っておいた下積み経験のおかげだそうです。ハロワのサービスを上手に使ってITエンジニアになることができる人は本当に一握りですが、彼のような計画性を持って動くことが大切なのかもしれません。

結局、一番大事なのはやる気!

頭を使う仕事なのに精神論?と思ってしまうかもしれませんが、いくらITエンジニアとは言え、所詮は人間のやる事でしかありません。となれば、労働者の意欲次第でどうにでもなるということは、ある意味で当たり前とも言えます。

前述で紹介した二人が、未経験にも関わらずIT業界へ転職することができたのも熱意のおかげ。これからITエンジニアを目指す人も、「なんとしてもエンジニアになってやる」という固い意志をずっと貫き通すことができれば、いつの日か立派なIT企業の社員となって働くことができるはずです。

関連記事

  1. 転職エージェントは手っ取り早く転職先を見つけるための常套手段…

  2. なぜか親が教えてくれない“学歴”がもたらす最大のメリット

  3. アルバイト・パートから正社員に登用されるための4つのポイント…

  4. 日雇いのアルバイトや派遣は絶対に若いうちに卒業しておくべき!…

  5. 派遣社員から正社員になるための近道は転職の仕方にあり?

  6. 「仕事を辞めたい」と感じたときにあなたを助ける5つのステップ…

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR