家族との時間も取れない建築業から一転、安定した生活へ

はじめまして。愛知県在住の平田(仮名)と申します。
2年半前に結婚し、現在は二児の父親でアラサーでございます。
日々、妻と協力し合いながら慣れない育児に励みつつ、仕事も一生懸命頑張っております。

拘束時間の長い建築業でした

まずは、以前勤めていた会社についてお話致します。
私は県内にある株式会社○ン○という会社で以前は勤めておりました。どのような仕事をしているかと言いますと、主に建築、施工等に携わる業務でした。

一日の業務の流れを簡単にお話させて頂きます。
現場によりますので毎日ではありませんが、だいたい朝5時~6時出勤し、準備等を会社で行いその後現場へ向かい、17時~18時まで現場にて施工等を行います。その後だいたい19時~20時に帰社し、翌日に必要な書類、帳票等の作成・準備を行い21時(人によっては24時まで)には会社で出て帰宅という流れです。

お気付きかと思われますが、非常に拘束時間が長いため、
家族との時間はおろか必要な睡眠はあまり取れていない生活がおよそ2年続いていました。

では、それだけが理由で転職をしたのかと言われますと、そうではありません。
もちろん、こんな生活が約2年続いたことで精神的にも体力的にももう限界でしたし、
なにより妻には非常に感謝しきれないほどでした。
そして、これだけ拘束されながら残業代はほとんどついておりません。

もちろん私独り身でしたら良いのですが、妻子がいるため非常に困りましたし、残業代がついていないのは私一人ではなく、
部下上司問わずほとんどの方がついておらず社内の人間関係はギスギスとした最悪の環境でした。
これらが、転職を決意した主な要因です。

安定した生活を送れるように

では、続いては現在勤めている会社についてお話致します。
現在、わたくしが勤めている会社は某大手自動車会社の下請けで主に委託といった業務形態で自動車に携わっております。

どのような業務内容かと言いますと、自動車をつくっていく上で必要な建物、設備、機材などを管理し、点検し、また問題があれば対処を図るといったものです。

比較しやすいようこちらも一日の業務の流れを簡単に説明致します。
朝は決まって毎日8時に出社し、ミーティングを行い、8時半~11時ごろまで建物、設備等の点検チェックを行います。
お昼から17時まで帳票や書類の作成をし退社します。
残業は基本的にありませんが、月一で定例会が17時半~19時まで行われます。

前職と比較し、転職して成功したことは、

① 拘束時間が定時で、生活リズムが一定であること
② 残業はないが、あった場合も月一の定例会もきちんと残業代が支給されること
③ きちんと守られた就業時間、有給の使い勝手等により社内の人間関係、雰囲気は非常に良いこと
④ 時間に余裕ができたことで、資格取得等のスキルアップを図ることができること
⑤ 家族との時間が増えたことで、会話も増えて、精神的にも肉体的にも元気になったこと

私にとって、この転職は非常に大きなものになりました。

忙しい中でどのようにして転職先を見つけたのか?

次に、実際、どのような転職活動を行ったのかを
できるかぎり詳しくお話していきます。

転職活動自体は、前職に就きながら行いました。
独り身の方は、前職を一度辞めて転職活動の時間を設けるのが良いでしょう。
ですが、私同様にそうできない方もいらっしゃるでしょう。

私は、業務上仕事の休みは日曜日のみで、土曜日は現場もしくは上司次第で休みでした。
そのため、転職セミナーや合同説明会といった大きなイベントに参加することはできませんでした。

まず、転職を決意したのが前職を辞める約4か月前です。
ここから、少ないわずかな休憩時間や出退勤時の電車の中、寝る前などに転職で有名なサイトを3つにしぼり、
またあえて1ヶ月かけて会社をひたすらチェックしました。
このとき、私の場合は、おおよそやりたいことは決まっており、その希望の職種に沿って、
会社を何件かピックアップし、一覧に書きまとめていきました。

理由はもちろん、他社と比較するためです。
ですが、インターネット上の文面だけ見ても得られる情報は限られています。
そのため、そこから1週間かけ自分が希望とする条件に沿ってランキングをつけました。

私の場合は、福利厚生や休日日数、文面から見られる社風が転職活動をするうえでまず大事なポイントでした。
そうしたうえで片っ端から応募していく方もいらっしゃるでしょうが、私は返事が来るまで1件ずつ、丁寧に応募していきました。
その理由は、その会社のことをしっかり知るためです。

どのような人材を求めているのか、ここが2つ目の私の転職活動におけるポイントでした。

私は、希望職種に伴い、パソコンのスキルは必要となってくるのでその資格を前職を辞める4か月前から勉強し、
自分のポイントをあげることを転職活動と同時に始めたのです。

資格によってはもっと早くから計画を立て、実行するほうが良いものがほとんどでしょうが、パソコンの資格(マイクロソフトオフィス)は定期的に結構な頻繁に試験を行っているので、すぐ受験が可能でしたので、この計画で行いました。
そうして今の会社で必要な資格を取得し、面接にも挑み採用をいただきました。

もちろん、運が良かったと言えばそれまでですが、転職後少し経ってから人事の方と話す機会がありました。
そのときに思い切って聞きました。
「どうして、自分を雇用してくれたのか」をです。
正直ドキドキしましたが、回答はこうでした。

「うちに入りたいと思う姿勢が伝わってきた。」
「会社が求めている人材になろうとしている姿がみえたから」

だそうです。
やっぱり事前に調べ、資格に向けた勉強をしていて良かったと感じました。

最後に

同じことを繰り返すことになり、耳が痛いかもしれませんが、
転職活動を行うにあたって私が感じた重要なポイントは、

① 1社ずつ受け、その会社のことを知る時間を設けること
② 自分の希望の職種で求められているものが何なのかを理解すること
③ ②に向けた努力を惜しまないこと
④ 自分を隠さないこと

最低限この4つです。
この4つを皆さんも意識し、転職活動に励んで頂きたく思います。


その他の業種から転職を成功させた人たちの体験談まとめ
その他の業種から転職
異業種への転職を成功させた人たちの体験談まとめ
異業種の転職

特集記事

その他の記事

最近の記事

PR