看護師が人間関係を重視した転職で学んだ大切なこと

都内在住の訪問看護師をしているアラサー女の佐藤(仮名)と申します。
実は、私は転職を2回しています。1度目は病院から病院、2度目は病院から現在の訪問看護です。

思っていた職場と違う・・・

1度目は看護師歴3年目で職場の人間関係で悩み、転職を考え始めました。1度目の転職で私の頭の中を最も占めていた考えは、”早くこの職場から抜け出したい”ということでした。急いで新しい職場を探さなくては、早くこの職場を辞めなくては…と考えながら、転職先を見つけるために人材紹介会社に登録し、面接を受けました。このとき、面接を受けたのは2つの病院だけでした。

新たな職場に求めていた条件は、今までと同じ給料の他は、その時勤めていた職場とは違い、人間関係の良い和気藹々とした雰囲気であれば良いと考えていました。そのため、1度目の転職のときの私は、大した情報収集もせず、2つの面接を受けた病院のうち、自分と年齢の近いスタッフが多い職場を選びました。自分と年齢の近いスタッフが多いほうが、話しやすいだろう、楽しくできるだろうと考えていたのです。

しかし実際に入職してみると、私が求めていた楽しく働ける職場ではありませんでした。自分と年齢の近いスタッフが多いということは、看護師の経験年数が短いということと同じ意味です。配属された科が外科ということもあり、スタッフはみんな余裕を持って仕事ができず、終始ピリピリしていました。

また仲間意識が強いことは良いのですが、中には行きすぎた仲良しのグループが出来ており、新しいスタッフは入っていけない雰囲気も強くありました。そして何より、入職して2ヶ月程で、急に勤務体系がガラリと変わってしまいました。元々経営状態が良いとは言えなかったらしく、面接のときに聞いていた働き方と全く違うものになり、人間関係とも相まって、私自身のストレスも増加していました。「苦しさから逃れてきた先で、なぜまた苦しみながら働かなくてはならないのだろう」と自問自答する日が続きました。

時間をかけて確実に

そんな中で仕事をしながら、”自分が看護師になってやりたかったことはどういうことだったか”と考えるようになりました。私が看護学生の頃からやりたかったこととは、患者様に寄り添い、その人の個別性を考えた看護です。

この職場では、ピリピリしたムードの中で業務に追われ、自分に余裕を持てないばかりか、患者様との接し方も流れ作業のようになっていると気がつきました。このままでは目指していた看護もできないと考えて、1年も勤めずに新たな職場を探し始めました。

2度目の転職活動でも人材紹介会社を使用しましたが、このときは複数に登録しました。そして前回の転職活動での失敗を生かし、自分が職場に求めていることをきちんと整理しました。今まで勤めていた職場の何が嫌で、何が良かったのかも同時に整理しました。2度目の転職活動では、”お給料”や”働き方”、”人間関係”を重視していたことに変わりはありませんでしたが、その一つ一つに細かい条件をプラスすることになりました。

特に人間関係については、しっかりと条件を考えました。例えば、職場の年齢層です。以前の私ですと、看護師歴の長い方は、自分の仕事のできない部分を指摘する立場の人という印象が強くありました。しかしよく考えるとそれは知識や経験が多く、わからないことをいつでも解決できる環境であり、先輩方のスキルを観て学ぶことが多い環境であると考えるようになりました。

私が今まで勤めていた職場それぞれを比較すると、自分が求めていた条件が明確になりました。そして転職先の情報を観たときに、面接を受ける職場を上手くしぼれたと今でも考えています。
また、1度目の転職活動とは異なり、いくつもの職場を見学、そして面接を受けました。実際に職場に赴き、職場を観てみると、どの職場も個性があり、雰囲気が異なることがわかりました。また管理者も十人十色で、やさしい雰囲気の方もいれば、仕事をバリバリしているだろうという方もいらっしゃいました。1度目の転職活動では感じられなかったことです。

今、1度目の転職活動のときのことを振り返ると、色々と条件を出していたにも関わらず、気にしていたことは給料と早い時期に転職できるかということばかりで、職場の様子を感じ取ろうとはしていなかったと感じています。

2度目の転職活動では、休みを使用して一日に数件ずつ面接を受け、職場や上司の雰囲気に馴染めそうか、教育体制や仕事のサポート体制はどうなのかと時間をかけて最終決定をしました。その中で現在の在職している訪問看護ステーションを見つけ、働き始めました。

ストレスの溜まらない環境の中で

現在の職場は今年で勤めて3年目になります。今では仕事で悩むこともありますが、頼りになる先輩看護師に支えられ、患者様一人一人と向き合いながら、自分の目標とする看護をすべく勉強するとともに、毎日楽しく仕事ができています。何より、わからないことや困ったことをすぐに相談し、一緒に解決してくださる先輩がたくさんいることは、働く中での安心感につながっていると実感しています。

転職において、失敗と成功の両方を経験した私から言えることは2つです。自分のやりたいことや譲れないことを細かく設定して、転職先を探すこと、そして逃げ出したい気持ちで転職先を探さないことです。逃げ出したい気持ちが強いと、どうしても焦りが生まれ、他の求めている条件を見落としてしまいがちになってしまいます。早く転職したいときこそ、冷静に考えることが大切なことだと今までの経験から切に思います。

多くの転職先を比較検討し、自分に合った転職ができることを、心から願っています。

その他の業種から転職を成功させた人たちの体験談まとめ
その他の業種から転職

特集記事

その他の記事

最近の記事